ファクタリングとは何か|中小企業・個人事業主を支える仕組みを図で分かりやすく解説します

ファクタリングは中小企業や個人事業主の資金調達方法

資金調達やお金の不安でお悩みの中小企業や個人事業主の方ファクタリングとは何かをご存知ですか?

ァクタリングとは「売掛金」を現金化できる仕組みのことです。売掛金が発生した時点で、ファクタリング会社が期日前に売掛債権を現金化してくれます。取引先から売掛金回収後に、ファクタリング会社へ売掛金に手数料を乗せて返済します。

資金調達の悩み

 

この記事では、お金の不安を解決するファクタリングとは何か、分かりやすく解説します。

「売掛金」とは?

ファクタリングとは何かを知るために、まずは一般的な売掛金の仕組みを見てみましょう。

売掛金の仕組み

自社製品を使いたいと取引先から発注が来て、製品を作る際は自己資金で賄わなければなりません。

製品ができて納品した時点で「売掛金」が発生しますが、これも現金ではなく、あくまでも「取引先が自社製品を使って製造した商品を販売し、売上があがった際に金銭を受け取れる権利」になります。

つまり「売掛金」とは「売掛債権」という権利になります。

中小企業が抱える通常取引のリスク

現金がすぐ手に入らない

取引先の売上が出るまでは、自社に現金が入ってきません。資金に余裕がないと、次の受注に対応する資金調達も苦しくなるリスクがあります。

取引先の倒産や債券回収ができない

売れることを信じて納品して、万が一、商品が売れなかった場合や取引先が倒産した場合、売掛金が回収できないリスクがあります。

中小企業や個人事業主の資金調達方法「ファクタリング」

通常取引のリスクを避けるためにファクタリングは中小企業や個人事業主の強い味方になります。

体力のない中小企業は通常、銀行からの融資によって資金を調達し、事業を行っています。しかし、銀行からの融資を受けられなかった場合、自己資金がなかったり、上記のリスクに遭ってしまうと事業を継続することができなくなります

そこでファクタリングを利用すれば、売掛債権をファクタリング会社が現金として支払ってくれるので、売上が上がる前に資金調達し、事業を継続して行うことができるのです。

それでは、ファクタリングとはどういう仕組みなのでしょうか。

一般的なファクタリングの仕組みを分かりやすく図解説

ファクタリングとは、売掛金を現金化できる仕組みのことですが、一般的なファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります

それぞれを図で見ていきましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングは、取引先は関与せず、売掛金をファクタリング会社が買い取り、取引先から売掛金が入ったのちに、ファクタリング会社へ手数料を上乗せして売掛金を返済する方法です。

取引先にファクタリングを利用していることを知られずに、資金調達することができます。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、取引先にファクタリングを利用する承認を得て、ファクタリング会社に売掛金を現金化してもらい、取引先は売掛金を直接、ファクタリング会社へ支払う方法です。

この方法は、取引先から直接ファクタリング会社へ売掛金が支払われるため、2社間よりもスピーディーに簡潔できます

ファクタリングの種類

ファクタリングにはいくつかの種類があります。

  • 買取ファクタリング
  • 保証ファクタリング
  • 一括ファクタリング
  • 医療ファクタリング
  • 国際ファクタリング

一般的には「買取型ファクタリング」「保証型ファクタリング」が使用されます。

買取型ファクタリング 資金調達として利用されます。取引先との契約書に債権譲渡を禁止する条項が記載されていない場合のみ、利用可能です。
保証型ファクタリング 取引先の倒産リスクを保証する倒産時に保証金が支払われるため、売掛債権の現金化が遅くなる可能性がある。

ファクタリングのメリット

ファクタリングを利用する主なメリットをご紹介します。

売掛金回収前に資金調達できる

事業を進めるためには、常に資金が必要です。売掛金の回収までの期間も事業を止めているわけにはいきません。そこでファクタリングを利用すると、すぐに現金が手元に入るため資金として活用できます

事業拡大を目指すことも可能になるので、目的を明確にして利用するとよいでしょう。

借金ではない

金融機関にお金を借りるのとは違い、ファクタリングは負債になるわけではないのが特徴です。そのため、業績によって融資が受けられないというもなければ、赤字計上を行う必要もありません

借金がないということは、事業を行っていくうえで、いろいろメリットがあるでしょう。

なお、「売掛債権担保融資(ABL)」という似ている商品がありますが、売掛債権を担保とした融資であるため、ファクタリングとは異なります

取引先の倒産リスクに備えられる

万が一、取引先が倒産しても、ファクタリング会社が間に入ることで、先に売掛金を受け取っておくことができます。(保証型)

ファクタリングの注意点

ファクタリングを利用する際は、十分な検討、注意が必要になります。その理由は以下になります。

手数料がかかる

ファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社に手数料を支払います。現金化が早くできますが、金融機関に融資を受けた場合の金利より高くつくことがあるので、目の前のことだけでなく先を見据えた無理のない資金計画を立てることが大切です。利用前には、手数料と金利を比較して考えてみましょう。

ファクタリングを装うヤミ金融業者がいる

金融庁は、悪質なファクタリング会社に注意喚起を促しています。利用の際は、信頼できるファクタリング会社を選ぶことが重要です。

ファクタリングに関する注意喚|金融庁

実績のあるファクタリング会社を探そう

現在、金融機関以外でファクタリングを利用する中小企業や個人事業主が増えています。このためファクタリング会社は数多くあります。そのなかでも信頼できるファクタリング会社を選んで利用することは非常に重要です。

ファクタリング会社とその特徴をご紹介します。自社に合うファクタリング会社を見つけて、一度相談してみるとよいでしょう。

ファクタリング会社一覧

こちらの画像をクリックすると各サイトがご覧いただけます。 各社のポイント

乗り換え歓迎!最短即日で売掛金を現金化。業界最高水準で九州から関西の西日本 全域対応!【アンカーガーディアン】

・柔軟な審査で、どこよりも早い最短即日資金かが可能です。
・買取型で、200%買取実績があります。
・30秒の無料診断があります。



借りずに資金調達ファクタリングなら【西日本ファクター】

 

・買取型で、最短即日1000万円まで可能です。
・税金対応や赤字決済があっても独自審査で対応してくれます。
・見積もりや問い合わせは無料で対応してくれます。



最短2時間での資金調達!クラウドでオフィスに居ながら楽々資金繰りは「うりかけ堂」

・クラウドサイン対応なので会社にいながら最短2時間で現金が振り込まれます。
・24時間365日対応。
・最大5000万円の資金調達が可能です。



最短3時間で買取!低手数料!西日本エリアに特化、全国対応【ファクタリング福岡 】

・手業界最低手数料2%~対応しています。
・買取型で最短3時間で現金化可能。
・相談から契約まで非対面でOK。



簡単!会社にいながら請求書一枚で楽々資金調達。最短30分で無料見積!【アクティブサポート】

・見積もり先行型なので買取手数料で判断できます。
・最短即日300万円まで可能。
・郵送契約可能。請求書と通帳コピーで非対面簡易審査。



ファクタリングで売掛金を即日資金化!【えんナビ】

・売掛先倒産リスクを含めて買取可能。
・償還請求権の無いファクタリング(ノンリコース)お客様に保証を求めない契約。
・来店不要で24時間365日対応。メールや電話での契約可能の場合あり。



ファクタリングで資金調達!簡単WEB契約で即資金化できます。【エスコム】

・即日対応可能で業界最安水準(最低手数料1.5%〜)
・関西を中心に最短即日で全国対応、出張買取、郵送、WEBでのご契約可能。
・契約をWEB完結(弁護士ドットコム社のクラウドサイン)にする事によって圧倒的なスピードで入金が可能です。



WEB契約で資金化できます。資金調達はファクタリングで!【ネクストワン】

・非対面契約ができ、初めての人にも丁寧な対応で安心です。
・電子契約(弁護士ドットコム社のクラウドサイン)にて WEB上で完結可能なのでスピーディーに資金化が可能です。

長引く不況やコロナ禍でのショックで、中小企業や個人事業主にとって苦しい戦いが続いています。そんななか強いセールス術を知りたいなら、以下の書籍がおすすめです。ぜひ参考にしてくださいね。

億万長者の不況に強いセールス戦略