事業継承とは|本で分かりやすく学ぶ失敗しない事業継承

事業継承とは?

事業継承とは、会社の経営を引き継ぐこと。ここには、経営権、会社の資産だけでなく、企業理念や文化などのメンタル面も含まれます。

中小企業やベンチャー企業では特に、経営者の性質が業績や事業拡大に大きな影響を与えます。また取引先の傾向や社員の育成にも影響し、会社の色を決めるといっても過言ではありません。

このため、経営者選びは、後世に自分の会社を残せるかという大きな選択になります。

この記事は、事業継承について知りたい経営者のみなさまに「事業継承とは何か」と、事業継承に関するおすすめの本『事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本[第2版]』を簡潔に解説しています。

大切な会社の未来のために、ぜひ参考にしてください。

Aoフリーランスのライターとして多くの企業にかかわり、経営者へのインタビューなども数多く経験してきたAOが、「事業継承とはなにか」と、事業継承のおすすめ本『事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる』を独自目線でご紹介します。

事業継承には3つの方法がある

まず始めに事業継承の3つの方法と、それぞれのメリットと注意点をご紹介します。

1、親族継承

親族が経営を引き継ぐ方法です。いわゆる世襲ですね。

メリット
身内だからこその信頼があり、自分の作った会社を子孫に継がせることができます。

注意点
社員や取引先、外部からの印象は、継承者が優秀でない限り厳しい見方をされる可能性があるでしょう。

2、社内継承

会社のことをよく理解し、これまで自社のために努めてきた人が継承する方法です。

メリット
経営者の意思を引き継ぐ者として、よく知っている社員、経営者の考えに従ってきた人に任せることができます。

注意点
社内で嫉妬や派閥ができたり、社内分裂を起こす可能性があるので人選には注意が必要です。

3、第三者承継

ヘッドハンティングやM&Aによって、外部から優秀な人材を経営者として採用する方法です。不景気からV字回復させた大手企業などでも利用されています。また、継承者が見つかならい場合にも利用する人が増えています。

メリット
第三者目線だからこその客観性を持って、会社の古いしきたり縛られず、本当に必要な経営改革が行えます。

注意点
外部から来たからこそ、リストラなどの厳しい経営判断をする人もいます。自社の理解度なども踏まえ、人選には十分な注意が必要です。

第三者承継なら事業継承総合センターに相談

大切な会社の事業継承。本当によい人材を見つたいなら、事業継承について詳しい事業継承アドバイザーに相談できる事業継承総合センターに相談するのがおすすめです。

事業継承総合センターは、あなたの会社を生かす最適な後継者探しをサポートしてくれます。

事業継承には、事業承継補助金制度やM&Aなど専門的な知識が必要です。事業継承総合センターは、事業継承に伴う疑問や不安を相談しながら最適な後継者探しができます。

大手リクルートが運営しているからセキュリティも安心です。

下記からまずは無料相談してみてください。

『事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本』は事業継承の全体像が分かる

人に相談する前に、自分で事業継承の全体層を把握したいなら、『事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本』がおすすめです。

大事に育ててきた会社の経営を誰に経営を任せればよいのか。多くの経営者が悩む重要事項です。

この本には、会社を廃業せず、後世に引き継ぐための事業継承に関する知っておくべき基礎知識が分かりやすまとめられており、まず始めの1冊としては非常におすすめです。

Q&A形式なので、事業継承に悩む経営者が本当に知りたいポイントを知ることができますよ。

著者は「みんなの事業承継研究会」・監修は事業継承の専門家

著者
みんなの事業承継研究
会は、事業継承コンサルティングに携わるメンバーで発足された研究会です。多くの企業の事業継承をサポートしてきた実績があります。

監修者
今井多恵子氏は、主に相続や企業法務などを扱う弁護士であり、ist総合法律事務所の所長です。ベンチャーから上場企業まで数多くの企業の法務経験のあるスペシャリスト

河江 健史氏は、河江健史会計事務所代表、FYI 株式会社代表取締役、事業承継支援を行う公認会計士です。

廃業の不安があるなら早めに事業継承で経営改革を

順調な会社の事業継承も非常に大変で重用ですが、経営が悪い場合の事業継承は、より慎重に進める必要があります。とはいえ、業績が悪化している場合は、廃業に追い込まれる前に早めに対策を考えるべきでしょう。

そこでおすすめなのが『事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本[第2版]』です。

おすすめポイント

  • 分かりやすいQ&A方式なので、中小企業によくある疑問が解決できる
  • 事業継承の税金や相続問題について、弁護士や会計士から回答が得られる
  • 事業継承の全体像が簡潔に分かる

事業をつぶしたくないけど、どうすればいいのか分からないという方は、まずは『事業承継のツボとコツがゼッタイにわかる本』を読んでみてはいかがでしょうか?

Ao

受注はあるけど資金不足ならファクタリングを活用する

廃業の不安から事業継承を考えている場合で、「事業を自分で継続したい」という強い思いを持っている経営者は、ファクタリングを検討するとよいでしょう。

ファクタリングは、売掛金を買い取ってもらう資金調達方法です。

  • ファクタリングは即時現金が手に入る
  • 手法借金ではないので業績関係なく利用できる
  • 取引先に知らせないで利用する方法もある


ファクタリングについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

ファクタリングとは何か|中小企業・個人事業主を支える仕組みを図で分かりやすく解説します