WEBライティングとは|種類・違い・必要なスキルを紹介

WEBライティングとは、WEB上にあがる文章を書くことです。
同じWEB上の文章でも、求められるニーズによって必要なライティングスキルが変わります。

Aoこの記事では広告コピーからシナリオ、SEOライティングまで、多くのライティング実績のあるライターが、WEBライティングの種類と求められるライティングスキルについて、簡潔にご紹介します。

WEBライティングが求められる主なコンテンツ

  • 広告(キャッチコピー・ボディコピー)
  • WEBサイト(オウンドメディア・ECサイト・SEO記事・LP記事・CV記事)
  • SNS
  • 映像・デジタルサイネージ
  • 電子メール(メルマガ)

WEBライティングでは、主にこれらのWEBを経由して読者(ユーザー・視聴者)に届ける文章を書きます。

WEBライティングの主な目的

  • CV(購買・購入・会員登録など)
  • 認知、集客、拡散
  • ブランディング・ファンを作る
  • 検索上位表示 など

WEBライティングの最終的な目的は収益化ですが、そのアプローチの手段としてさまざまなWEBマーケティングの一環として活用されます。

このため、そのコンテンツがどのような目的で、どんなターゲットに対し、何を期待するかによって目的が変わります。

WEBライティングはコンテンツ×目的の掛け合わせ

WEBライティングの種類はコンテンツや目的の掛け合わせによって限りない種類があります。

目的を達成する手段としてコンテンツが選ばれ、そのターゲットに合わせた文章が必要になるためです。

WEBライターを目指す人のなかには、この部分をしっかり理解し、把握する必要があるでしょう。

この記事では、以下の3つの分類してWebライティングの種類と、求められるスキルについて解説します。

  1. SEOライティング|WEBライター初心者向け
  2. WEBライティング|中級者向け
  3. 広告・ECサイト・映像ライティング|上級者向け

SEOライティング|WEBライター初心者向け

WEBライターの初心者が仕事としてライターを目指すなら、SEOライティングが入りやすい入口です。

SEOライティングは高度なセールスライティングが不要で、一定のルールに従ったライティングが求められるためです。

逆に多少のライティングスキルがある人がSEOライティングをすると、SEOルールからそれる傾向にあるので注意が必要です。

ただし、SEOライティングにはルールがあるとはいえ、そのルールはかなりの頻度で変わっていくため、SEOライティングに携わる人は常に情報更新していく必要があります。

またSEOライティングにも上級があり、その知識やスキルがあれば、一般のライターより高額な報酬を得ることができます。

SEOライティングが必要な主なコンテンツ

  • コラム記事
  • 情報・知識系記事
  • まとめ記事 など

 

SEOライティングの主な目的

  • 検索上位表示
  • 集客・認知・LP、CVページへの誘導 など

WEBライティング|中級者向け

仕事などでライティングが必要なシーンとして、WEBライティングを求められる可能性があります。

中級以上のWEBライティングが必要な人とは

  • コンテンツを新規で立ち上げる人
  • マーケティング部に所属した人
  • メルマガ担当になった人
  • ECサイトを立ち上げた人 など

ここでいうWEBライティングとは、オウンドメディアやECサイト、簡単なキャッチコピー、ボディコピーなどです。

WEBライティングが必要なコンテンツ

  • ECサイト
  • WEBサイト(オウンドメディア、LPぺージなど)
  • SNS
  • メルマガ など

中級以上の方では、これらのコンテンツのライティングスキルが求められます。

WEBライティングの目的

  • CV(購入・会員登録など)
  • ブランディング・ファンの育成 など

コンテンツの目的は、自社賞品やサービスの購入をしてもらったり、会員になってもらう、好きになってもらうなどが目的のケースが多くあります。

広告・ECサイト・映像ライティング|上級者向け

ライティングのなかでも直接購入につながるECサイト、多くの情報のなかで印象を残す広告、ニーズによってかき分ける映像ライティングは行動なライティングスキルを求められるでしょう。

行動なWEBライティングが必要なコンテンツ

  • ECサイト
  • 広告
  • 映像シナリオ
  • メルマガ

WEBライティングの目的

  • CV(購買・購入・会員登録など)
  • ブランディング・ファンの育成

ECサイトはもっとも高い「購入」というハードルを越えてもらうためのライティングスキルが求められます。

広告には高額な広告費をかけますので、その目的達成度も高いレベルで求められるでしょう。

映像シナリオは、マーケティング戦略を盛り込むだけでなく、予算や演出、クライアントの要望、ターゲットのニーズ、面白さ、人の気を気を引く工夫など、高度なスキルが求められます。

メルマガを書くことは多くの人にできますが、反応を得る、次のユーザー行動につなげるという目的を果たすには、高度な文章力が必要です。多くのライターが苦戦しているろころでもあります。

 

これらはあくまでもWEBライティングの傾向であり、どのコンテンツでも初級、中級、上級のレベルが存在します。

詳しくはそれぞれの記事で書いていきます。ここではWEBライティングの一般的な傾向として把握しておくとよいでしょう。

WEBライティングのポイント

WEBライティングにも種類やニーズがあり、求められることは変わりますが、抑えておくべきポイントはほぼ同じです。

WEBライティングに必須のポイントをまとめました。

  1. 簡潔である
  2. ターゲットに対して書く
  3. 文章は短く
  4. 使える図や表は活用する
  5. 分かりやすいイラストや画像を活用する
  6. 信頼できる情報を使う
  7. 一般的な文法より読みやすさが重視される
  8. 見出しの活用

1、簡潔である

WEBで長い文章は読まれません。活字で埋め尽くされた画面は避けられる可能性があります。必要な情報だけを簡潔に書くことが重要です。

2、ターゲットに対して書く

WEBライティングはニーズがある人にしか読まれません。自分に向けた文章であるとターゲットが感じなければ離脱される可能性が高まります。

3、使える図や表は活用する

文字だけのWebサイトは嫌煙されがちです。一目で内容が理解できる図や表を活用したほうがよいでしょう。

4、分かりやすいイラストや画像を活用す

WEBサイトでは、イラストや画像はイメージや内容の理解の補足に重要です。また、文字で画面が埋め尽くされることも防止し、読者のストレスを軽減します。

5、信頼できる情報を使う

信頼できない情報は、検索順位にも影響します。また、信頼できない情報だと読み取られた時点で読者は離れていき、二度と見なくなる可能性があります。

6、一般的な文法より読みやすさが重視される

見づらいWebサイトはすぐに離脱されます。改行や漢字表記など、一般的な文章の文法を重視するのではなく、見やすさを優先しましょう。ただし、おかしな日本語は使用してはいけません。また、文法を破ることを推奨しているのではありません。改行か所やみやすさのために漢字をカナにするなどの工夫が必要です。

7、見出しの活用

見出しを作ることで、読みやすくすることが求められます。

これらはコンテンツや目的によって異なりますが、おおまかなルールとして頭に入れておくとよいでしょう。

WEBコンテンツはほかのマーケティングと複合的に活用する時代

ここまで簡単にWEBライティングの全容をご紹介しましたが、現在は、WEBライティングが必要とされるコンテンツのみを運営すれば効果ができるという時代ではありません。

ダイレクトマーケティングやそのほかの媒体、実店舗、イベントやセミナーなどと関連づけさせ、総合的なアプローチを行うことが重要になっています。

たとえば、

・SNSで集客、認知をして実店舗に誘導したキャンペーンを展開する

・イベント参加者が入れるWEBサイトで充実したサービスを提供し、ファンを育成していく

などの活用方法がその事例です。

いずれにしても、WEBライティングの重要性は高く、ニーズも非常にあります。しかしながら質の低いライティングも多いのが現状です。

WEBライティングを行うライターは、ただ文章を書くのではなく、目的に合った効果的なライティングを学ぶことが必要だといえるでしょう。

WEBライターを目指したい人、仕事で必要になった人は、目的あターゲットを理解したWEBライティングを身に付け、多くの情報のなかで、記憶に残る、ひっかかる文章を書いていくことが必要なのです。