WEBライターの始め方|学び方から仕事受注まで

「書くことが好き」「WEBライターになりたい」という方はどうすればWEBライターになれるか分からないこともあるでしょう。

今回はWEBライターとして多くの企業でのライティングを行い、現在はフリーで仕事できるようになった私が、初心者の方におすすめしたい、学びから仕事紹介まで行っているライターへの思いがしっかりある会社をご紹介したいと思います。

WEBライターとは|初心者の始め方や報酬・仕事内容、必要なスキルを解説

WEBライターは始める人も多ければ、辞めていく人も多い

WEBライターの仕事を紹介する会社は数多くあります。しかし、初心者が始めようとすると、安い単価で無謀なスケジュールで依頼してきたり、使い捨てのように適当な対応をされる会社も数多くあるのが現状です。

そんな状況のせいでWEBライターの仕事を辞めていってしまう人はとても多いでしょう。

あなたが本当にWEBライターで生きていきたいなら、ちゃんと学べること、そして、WEBライターとして尊重して仕事を依頼してくれる会社と取引するのがとても重要です。

初心者向けSEOライティング|WEBライターを仕事にするなら知っておくべき基礎知識

WEBライターとしての成長を見守ってくれる会社

WEBライターは仕事が多い分、仕事をしようと思えば初心者でも仕事が見つけられます。ただし、低い金額やぞんざいな扱いで辞めてしまうことも多いので、始めによい会社に出会い、しっかりWEBライターの基礎を学べることが重要です。

いろいろな企業で仕事をしてきましたが、「株式会社YOSCA」は、ライターに対する強い思いのある人が立ち上げたライターを育てて、仕事をできるようにしてくれる良い会社だと思います。



代表自身が多くの経験を積んできたライター育成のプロ

代表取締役の宮嵜氏は、彼自身がWEBコンテンツの製作会社の立ち上げ経験があり、ライター育成を行ってきました。また「フリーライターのよりどころ」というプラットフォームを作成し、WEBライターに仕事を紹介する事業も行っています。

実績のある講師から自分の文章をスキルアップするコツが聞ける

YOSCAのよいところは、実際にWEBライターとして活躍してきた講師陣から添削を受けられるところです。私自身、数多くのライターの育成や記事の校正などを行ってきたのですが、初心者ライターさんだけでなく、プロとして活躍されているライターも、それぞれに癖があり、それが良い面でもあることもありますが、よくないこともあります。

そうした自分の文章の癖を知ることは、強みにしたり、修正の少ない文章を書けるようになったりするために非常に有効。ライターとして、どんな案件にも対応できるスキルになります。

つまり、YOSCAのライター育成講座を受講すれば、WEBライターとして絶対的に必要な基礎知識プラス、自分だけの問題点を改善し、どんなニーズにも対応できるライタースキルが身に付くのです。

ライターとして成長するだけでなく仕事ももらえる

WEBライターとして生きていくには、自分で仕事をもらいにいかなければなりません。または、仕事を紹介してくれる会社に登録するか、雇用してもらうことになります。

前者の場合は、自分で仕事を取るのはなかなか大変であり、不安定です。

後者の場合、相性のいい会社に出会えればこれ以上、安定してよい仕事ができる環境はないでしょう。しかし、相性が合わなかった場合、働くのがつらくなるかもしれません。

YOSCAのよいところは、成長したライターに仕事を紹介してもらえるところです。っかりスキルを教えたライターなので、良い案件を紹介してもらえる可能性が高いでしょう。

1年半で180名が受講!大企業も申し込むライティング講座

WEBライタースキルは今後も需要が多い

現在のマーケットは、WEBコンテンツと実店舗や企業、イベントなどが連動して顧客獲得や収益アップを図るのが主流です。そのため、WEBライティングの需要は必ずあり、その数は増えていく一方です。

その分ライバルも増えるため、多くの企業では検索上位に表示されるSEO記事が書けるWEBライティングができるライターや、イベンドへの誘導、商品の購入をさせる文章を書けるライターを求めています。

WEBライターとして生きていくのであれば、始めにしっかり学び、ちゃんと仕事を紹介ししてくれる場所からスタートするのが絶対おすすめです。

「書くのが好き」「WEBライターになりたい」という人は、ぜひ YOSCAのライティング講座に申し込んでみてはいかがでしょうか?

Ao

 

もっと気軽に始めたいなら、ブログライターもおすすめです。

【未経験&初心者OK】ハンドメイドチャンネル「ブログライター体験募集」