『一生お客に困らない常連システムの作り方』要約レビュー

常連客は安定収入をもたらす広告塔ということを知ろう!

収益アップのための新規開拓に疲れていませんか?

会社の収益アップや安定のために本当に力を入れるべきなのは、一度でも取引をした顧客です。その顧客を「常連客」にすることができれば、収益の安定と、さらに新しい仕事や顧客を連れてきてくれますよ!

では、顧客を常連客にするにはどうしたらいいのでしょうか?

こんな人におすすめ!
・新規開拓に疲弊している…
・既存の継続に不安がある…
・顧客管理が把握できていない…
・メルマガやキャンペーンをしても響かない…

収益の安定化システムの作り方が分かる本

安定収益をもたらし、新規顧客を連れてくる常連客を育成する方法が紹介されている本です。

この本で得られる知識
・常連客の重要性を理解できる

・顧客を常連客にするために必要なことが分かる
一生個客に困らないシステムの作り方が分かる

著者は起業家や企業オーナーのコーチングのプロ

著者のダン・ケネディは、世界中で大企業や起業家に多大な影響を与えてきたコンサルタントコピーライターとしての報酬は1案件1000万円以上でありながら、依頼が後を絶たない人気ライターでもある。

こんな人は読むべき!
・会社経営者
・起業家
・サイト運営者 など

要約レビューを紹介します!

『一生お客に困らない常連システムの作り方』を読むとどんなことが学べるのでしょうか?詳しく内容をみていきましょう。

9割の経営者が犯す”決してやってはいけない”4つの集客の間違い

経営社は会社と従業員を抱え、事業を拡大し続けていかなければなりません。そんな真剣勝負の世界でありながら、なんと9割もの経営者が同じ過ちを犯しているといいます。

それだけ一般的な営業戦略が、実は誤りだったということです。

その一つが新規開拓です。もちろん新規開拓の必要性がまったくないとはいいません。しかし、もっとも注力すべきポイントを見誤っているのです。

ここでは、経営者が犯しがちな集客の考え方と、その結果についての真実が分かります。これを知ることで不安定な収益を改善し、安定的に稼げるシステムの作り方を知ることができます。

顧客維持率をたった5%上昇させて、年収を80%増やしたすごい方法

「安定的に稼げるシステムの作り方」の要として重要なのが「顧客の維持率」です。つまり「常連さん」を離さないということです。

実際、たった5%常連客の割合を増やしただけ、年収が80%も増えたとういのです。

著者は豊富な経験のなかで、既存顧客の維持と新規顧客獲得のコストを比較し、既存顧客維持への投資の有益性や、既存顧客が離れていく損失を明確にしました。

つまり会社にとって既存顧客の維持を強化すれば、不安定な新規顧客を追いかけ続けるより、収益が安定するということです。

聞けば当たり前のようなことかもしれませんが、実際、会社で実践できているでしょうか?
実証データを元に確認することで、既存顧客の維持に思い切って舵を切る勇気も得られることでしょう。

安定収入のシステムはこうしてできる!

「安定的に稼げるシステムの作り方」のために既存顧客の維持が必要ということは分かりましたが、需要なのはそのシステムが永続的に回る状態に持っていくことです。

ここにはいくつかのポイントがあります。

安定収入のシステムに必要なこと
・社長がいなくても部下や従業員が最高のサービスを提供する環境
・既存顧客に再購入をさせるためのレベルアップ
・常連客が新たな客を紹介したくなる好循環の作り方

この本には、上記を実現させ「安定的に稼げるシステム」を構築する方法が書かれています。

新規より既存顧客に力を入れる理由

私がこの本を進める理由は、既存顧客の重要性が書かれているからです。

事業拡大、収益増強を考える際、新規顧客に焦点を絞る中小企業は少なくありません。

しかし、収益のほとんどは既存顧客が握っています。その既存顧客を捕まえ続けることがあってこそ、新規拡大の意義があるのです。

売上のおよそ2割は常連客
これは広く知られていることですが、売上の大半は、2割の顧客が握っている企業がほとんどです。また、この2割は根強い常連客であることがほんとでしょう。

この2割のなかのさらに2割は常連客として、深い関わりを持っているのではないでしょうか?

この常連客を「離さないこと」が収益の安定にとって重要です。さらに、既存顧客を常連客にすることが収益拡大につながるのです。

新規より既存に力を入れる意義
新規開拓をするより、既存顧客を常連にするほうが絶対的にハードルは低いことでしょう。

しかし、収益を拡大したいからこそ、新規開拓に走る気持ちは理解できます。それでも新規顧客にかけているコストやリソースを減らし、既存顧客に投資する勇気が、収益の安定やさらなる拡大への近道なのです。

システムができれば楽になる
この本には、その収益の安定化システムを維持するための方法も書かれています。著者が提唱するこのシステムが回り出せば、自然と従業員はよいパフォーマンスを発揮し、常連客はさらなる顧客を紹介してくれるでしょう。

会社を経営されている方、これから起業しようという方、また個人で事業を始める方も、ぜひ一度『一生お客に困らない常連システムの作り方』を読んでみてはいかがでしょうか?