『シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術』感想レビュー

収益化を継続させて経営を安定させよう

Amazonプライム、Netflix(ネットフリックス)、salesforce(セールスフォース)…あなたは便利で手放せない会員制サービスを利用していませんか?

現代は会員制ビジネス全盛期。会員制ビジネスを成功させれば、収益の安定化が望めます。
では、成功する会員制ビジネスとはどのように始めればよいのでしょうか?

今回はSaaS発祥の地『シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術』をご紹介します。

シリコンバレーでSaaSを生み出したエンジニアであり投資家や、SaaS系企業の日本支社長などへのインタビュー経験がある筆者が、独自視点で『シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術』をご紹介します。

■こんな人におすすめ
収益の安定化を目指したい
集客を安定させたい
成功する定額制サービスを知りたい
少額の初期投資で事業を立ち上げ継続させたい

スモールビジネスから使える会員制ビジネスの起業術を教える本

起業後も安定収入を得ながらビジネスを成長させていける、利益につながる会員制ビジネスの作り方が学べる本です。

この本で得られる知識
安定収入源となる定額制サービスの6つのモデル
定額制サービスの成功事例と失敗事例
モデルを参考にアレンジビジネスを生み出すコツ

著者は、定額制サービスのスペシャリスト

著者は、ロビー・ケルマン・バクスター。シリコンバレーで20年以上、事業戦略のコンサルティングをしてきた人物です。Netflix(ネットフリックス)、ヤフー、オラクルなど大企業だけでなく、ベンチャー企業の成功もサポート。定期収入型ビジネスを成功させるエキスパートとして知られている。

■こんな人は読むべき
起業家
経営者
会員制サービスを導入したい人

会員制ビジネスとは?注目される理由を解説

はじめに、今回はこの本をおすすめする理由を先にお伝えしたいと思います。

なぜ会員制サービスなのか?

今成功するビジネスモデルの流れは、優良会員にサービスを提供する「会員制サービス」が主流です。その背景には、市場ニーズの変化があります。

かつてはいいものを生産し、大量に売れば収益につながりました。しかし、現代は「物」より「体験」を求める市場ニーズに変わったのです。

BtoCの場合
CDを買うのではなく、ストリーミングで最新曲をダウンロードでき、サービス内で好きなプレイリストが編集できる

 

BtoBの場合
ソフトを買うのではなく、継続的に利用して、常に最新版を利用できる

会員制サービスとはメンバーシップ

会員制サービスというのは単なる定額制サービスではありません。ただ単に定額制サービスを導入しても失敗する可能性があるのです。

とくに近年では、SNSやビジネスのデジタル化が加速し、メンバーシップを意識した会員制サービスが成功を収めています。

メンバーシップとは単なる定期購入者ではなく、会員であることをステータスとして感じるようなサービスを受けられることを指します。

この本には、メンバーシップをより強固にし、継続的な収益化とするための戦略や手法が詳しく紹介されています。

初期投資は少なく、収益の安定化が望める

会員制サービスのメリットはいくつか考えられます。

■会員制サービスのメリット
初期投資が少なくても起業ができる

安定した収益が見込める
顧客の囲い込みができる
良いサービスを提供すれば顧客がさらなる顧客を読んできてくれる

ほかにもいろいろありますが、大まかにいうとこんなところですね。
特に、起業家にとって初期投資が少なくビジネスを始められることはメリットといえるでしょう。

『シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術』で得られる知識

ここまでも本を読んで私が思う会員制ビジネスの今についてお話してきましたが、ここからはより本の内容をお伝えしていきます。

会員制サービスを始める方法

この本の優れた点は、会員制サービスのベースとなる6つのモデルを紹介していることです。

この6つにオリジナルアイデアを加えることで、成功できるビジネスを生み出すことができるでしょう。

 

さらに、この本では会員制サービスの成功事例と失敗事例を紹介しています。この事例を知ることで、会員制サービスの成功のポイントが分かります。

会員制サービスの成功に欠かせないポイント

概要だけでもお伝えし切れないほうどの重要なポイントがこの本には紹介されています。逆をかえせば、この本さえあれば会員制サービスを成功させる手法がほぼ分かるといっても過言ではないでしょう。

この本で得られる知識

・会員制サービスの戦略と戦術の立て方

・マーケティングを把握し、革新し続ける方法
・見込み客の取得方法
・継続顧客の重要性と注意点
・最適な価格設定
・会員の保持方法や退会者への対応 など

早めに会員制サービスをスタートして、競争相手に負けないビジネスを!

著者は「早いうちから成長戦略に狙いを定め、それを追求する」ということが成功の秘訣だといっています。

実際にセールスフォースやマルケトといった企業は、どこよりも早く日本でSaaSを導入したことにより成長し、シェアを広げることができました。

ライバルに負けないためには、誰よりも早く会員制サービスを始める分野を見つけることがポイントとなります。

スモールビジネスや物販であっても同じです。会員制サービスを開始するなら、正しい知識のもと、少しでも早くスタートすることが重要です。

 

初期投資を抑えながら起業して、継続的な収益化を目指せる会員制サービスについて知りたい方は、ぜひ一度、『シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術』を読んでみてはいかがでしょうか?