『大富豪の仕事術 』 成功者になるおすすめ本の感想・要約レビュー

大富豪の仕事術を実践すれば、経済的に成功する人生が手に入る

年商50億の社長は、年商2億の社長と比較して日常業務に追われていません
また、主に行っている仕事や合う人種にも違いがあります。

つまりどんな仕事、どんな相手に時間を割くかは、会社の業績に非常に大きな影響を与えるのです。

では、会社を成長させる仕事のやり方とはどのようなものなのでしょうか?

今回は、そんな成長企業の社長が実践している、大きな収益を上げられる働き方が分かる本『大富豪の仕事術(マイケル・マスターソン著)』をご紹介します。

この記事は概要の説明です本気で人生の成功を掴みたい方は、本書を手元に置いて、何度も読み返すことをおすすめします。

こんな人のおすすめ
常に仕事に追われている人
本来やるべきタスクに時間をさけていない人
効率的な働き方が分からない人
億万長者になりたい人

著者は世界で成長企業を生み出す起業家コンサルタント

著者は、マイケル・マスターソン自ら立ち上げ、年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上保有する起業家であり、世界で活躍するコンサルタント

著書に『社員を動かす社長のカリスマ仕事術』『大富豪の起業術』『臆病者のための科学的起業法』などがある。

Aoタートアップから年商300億へと成長したIT系企業、5名の会社から大企業の子会社となった制作会社など、さまざまな企業の成長段階で仕事をしてきたAOが独自目線で『大富豪の仕事術』をご紹介します。

成功者のマインドを手に入れよう

この本の著者は、年商100億円、50億円以上の企業を複数生み出している起業の大成者であり、多くの起業に成功をもたらすスーパーコンサルタントです。

マイケル氏いわく、「大富豪になるための必要な行動習慣がある」といいます。

この本では大富豪になる人は具体的にどう行動するべきか、考え方や行動心理を教えてくれています。

たとえば…
失敗への恐怖を消すとっておきの方法
一日4時間労働で充実した生活を手に入れる方法
お金を3年ごとに倍増させる5つの秘訣
だれも知らない億万長者の「思考法」 など
いくつもの企業の売り上げを成功させてきた著者だからこそ経験を経て知った大富豪の行動心理を知り、実践していくことで、経済的に成功し、仕事もプライベートも充実した人生を送ることが叶うのです

成功者の時間の使い方を学ぼう

成功者の時間の使い方には共通する特徴があると著者はいいます。

どうやって成功にたどり着けたのか、大富豪の時間の使い方を知って、確実な成功への歩み方を学びましょう。

大富豪の考え方

成功(ゴール)への計画を立てる

著者は、充実した人生を送るためには、何よりマスタープランが重要だといいます。
そのために、まず成功への計画を立てましょう。

成功への計画を立てる3ステップ

ステップ1】7年後のゴールを定める

ここで考えるべきポイントは2つあります。

どんな人生を歩みたいか?

目標(ゴール)を明確は?

まずはゴール(目標)を設定していきます。

そのために、まずはどんな人生を歩みたいのかをしっかりイメージしてみましょう自分が死ぬときにどんな人だったと思われたか」を考えてみると、生き様を描きやすいですよ。

そのうえで、明確なゴールを設定します。ここでは、「7年後のゴールを定める」ことがポイントになります。たとえば「7年後に起業した会社で資産が3000万円に達している」など具体的な数字や状態を書きましょう。

Aoの一言メモ
目標は必ず紙に書いたり、PCで打ち込んだものをプリントアウトししたりして、目に着く場所に貼っておくのがおすすめです。視野に入る場所に目標を文字にして貼っておくと、無意識のうちに言葉がインプットされます

Ao

ステップ2】ゴールに必要なものを出す

目標を明確にできたら、そのために必要なものは何かを考えます。資金、スキル、人脈、情報…さまざまなものが考えられますね。

Aoの一言メモ
必要なものは書き出しましょう。そこから順位づけやカテゴライズして、優先すべき事項をしっかり可視化すると、自分のなかにインプットできますよ。

Ao

ステップ3】ゴール達成の障害となるものを出す

ここではじめて目標と現実のギャップについて考えましょう。そして、目標達成のための障害となっているものは何かを書き出していきます。

Aoの一言メモ
目標を考える際、初めから障害について考えてしまうと、大富豪にはなれないでしょう。まずは本当になりたい姿を考え、それに対して足りていないものや、不足するであろうことを考えていくことが重要ですよ。

Ao

明確なゴールと、そこへ向かうために必要なもの、障害になるものが分かったら、実際に実行していきます。

目標を実行のカギは時間の使い方

この本を読むと学べることは、富豪になった人がどんなスケジュールで仕事をしているのか、その計画の立て方です。

仕事に追われて計画的に仕事をすすめられない人は、これからご紹介する大富豪のスケジュールの立て方を参考にしてみてください。

計画と準備に時間をかける

成功者は実際に行動している時間よりも、計画や下準備に時間をかけていると著者はいいます。

多くのビジネスパーソンは計画や準備に十分な時間をかけるより、「早く仕事に取り掛かりたい」というマインドを持ちがちです。また問題は起きてから対処するという人が多いでしょう。

しかし、成功者はこうした計画と下準備に時間をかけているのです。

偉人の時間割を知ろう

この本では、世界中が知る実業家ドナルド・トランプとベンジャミン・フランクリンの1日のスケジュールを例に出しています。分かりやすく円グラフにしてみました。比較してみましょう。成功者の1日の時間割1

24時間のおよそ4分の1を「計画・準備・読書(勉強)」に当てていることがわかりますね。

この本の著者であるマイケル・マスターソンの時間割りも確認してみましょう。

成功者の1日の時間割2

この本の著者であるマイケルも、ほぼ同じ時間の使い方をしています。

3人に共通することから成功者の時間の使い方が分かります。

  • 睡眠をしっかりとる
  • 早起きである
  • 計画と準備の時間をしっかり確保する

多忙な人は睡眠時間が少なくないですか? 
計画や準備の時間を毎日1日3~6時間程度取っていますか? 

なかなか難しいことに思えますが、成功者が実行していることです。できないと考えるのではなく、実践してみてはいかがでしょうか?

ダン・ケネディの『屁理屈無し 社長のための時間の使い方』には、有無をいわさず社長の時間を確保する具体的な方法が書かれています。

この本もかなり良書なので必読ですよ!

Aoの一言メモ
大富豪の起床時間はトランプは朝5時半、フランクリンは朝4時、マイケルは朝6時半です。大富豪はみな、早起きなんですね。

 

早起きには以下のような効果が考えられます。

 

・時間を有効活用
 みなが活動する前に準備を進めて動ける


・自律神経の調整
 脳が活性化し、ストレスケアにもなる※1、2
.

深夜に仕事が進む方もいると思うので一概にはいえませんが、手つかずの1日の始まり、リフレッシュした脳で活動を開始する朝を有効に使いたいですね。

Ao

課題リストを作る

大富豪の1日の時間割で計画が重要なことが分かりましたが、では計画はどう立ててゆくのでしょうか?

『大富豪の仕事術』では、7年先のゴールを設定し、そこへ向かうための課題リストを毎日作る必要があるといっています。

課題リストは翌日のタスクの確認と、今日の成果を確認するものです。課題リスト

がかけるようになるいくつかのポイントを紹介しています。

優先順位は以下の2つの組みわせで決定します。

重要度
緊急度

優先順位の1番目は両方であり、最後はどちらでもないタスクですね。
2番目は、重要だが緊急ではないタスク。3番目は重要ではないけど緊急のタスクになります。つまり「重要度」の方が「緊急度」より優先されるということになります。

また課題リストには、時間を記載することが重要だとも言っています。

予定時間
実際にかかった時間
人に任せた時間

ほかにもこの本には、課題を編集する際に、自分自身に問いかけるべき項目やゴールへの進捗の書き方、チェック項目などが細かく書かれています。
フォーマットを作成し、書く習慣を付ければ、日々の自分の成果を可視化できるようになりますよ。

仕事の段取りが苦手という人は下記の記事も参考にしてください。
いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書

有限の時間を無駄にしないことこそ大富豪への道

『大富豪の仕事術』を読むと、成功者たちがいかに時間を有効に使っているかとういことが見えてきます。

.

「あれ、もう1週間」「あと3ヶ月で今年も終わる」など、時間経過に気づいて焦るのは、時間を有効に使えていないからなのです。

大富豪になった人はみな、時間への意識が高い人物でしょう。

.

1日24時間をどう使うのか?
・今年はどこまで成果を出したいのか?
・7年後はどんな資産を築いていたいのか?

.

こうした時間軸を意識し、それをコントロールすることが、大富豪になる道です。

.

どうしても仕事や生活に追われがちで、なかなか働き方や思考を変えられない人は、ぜひ『大富豪の仕事術』を読んでみてはいかがでしょうか?

Ao

今回ご紹介した本の購入はこちらから
大富豪の仕事術(マイケル・マスターソン著)

※1 出典;快眠と生活習慣,厚生労働省(最終確認日2021/08/30)
※2 出典:心のケアの基本, 文部科学省(最終確認日2021/08/30)